神楽と祭文の中世

斎藤英喜, 井上隆弘 編

「民俗芸能」と呼ばれ、古代以来伝わるものとされる「神楽」。しかしその中には、牛頭天王や荒神のような異形の神の信仰が隠されていたし、死霊にかかわる祭儀など、常識的な理解では説明できない様々な形が存在する。それらの深層を探ると、そこには混沌とした「中世」の信仰のかたちが現れる。この中世の信仰と思想を伝える「祭文」を中心に、中世神楽および関連する陰陽道・密教・アジアの巫俗の世界を読み解く意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 神楽・祭文研究の現在と課題
  • 1 陰陽道・密教・中世神話・アジア
  • 2 生成する祭文の世界
  • 3 中世神楽の現場へ
  • 研究ノート 青ヶ島における中世的病人祈祷祭文といざなぎ流との関係について
  • 資料翻刻と解説 対馬の新神供養-「綱教化」と「提婆」を中心として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神楽と祭文の中世
著作者等 Alaszewska, Jane
Premoselli, Giorgio
井上 隆弘
北條 勝貴
斎藤 英喜
松山 由布子
梅田 千尋
梅野 光興
永松 敦
渡辺 伸夫
神田 竜浩
阿部 泰郎
池原 真
鈴木 昂太
星 優也
書名ヨミ カグラ ト サイモン ノ チュウセイ : ヘンヨウ スル シンコウ ノ カタチ
書名別名 変容する信仰のかたち
出版元 思文閣
刊行年月 2016.11
ページ数 378p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1871-4
NCID BB22720296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22834215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想