俳句世がたり

小沢信男 著

祭りに相撲、友人の死、敗戦の記憶、そして大震災-。浮き世の様々な出来事を、武玉川から子規、漱石や荷風、万太郎、現在活躍中の俳人まで、古今の俳句を通じて描く。時に鋭く怒り、時に呵々大笑。名吟佳吟を引きつつしなやかに世を斬る練達の筆に、近年の世相が鮮やかに浮かび、俳句というものの魅力を改めて感じさせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神田川祭の中をながれけり 二〇一〇年四月〜二〇一一年三月
  • 2 津浪の町の揃ふ命日 二〇一一年四月〜十二月
  • 3 風船爆弾放流地跡苦蓬 二〇一二年一月〜十二月
  • 4 万緑の中や吾子の歯生え初むる 二〇一三年一月〜十二月
  • 5 好きなものは玻璃薔薇雨駅指春雷 二〇一四年一月〜十二月
  • 6 様々な人が通つて日が暮れる 二〇一五年一月〜十二月
  • 7 天狗住んで斧入らしめず木の茂り 二〇一六年一月〜十月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 俳句世がたり
著作者等 小沢 信男
書名ヨミ ハイク ヨガタリ
書名別名 Haiku yogatari
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1634
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.12
ページ数 205,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431634-3
NCID BB22716266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22843015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想