社会理論の再興

遠藤薫, 佐藤嘉倫, 今田高俊 編著

本書は、社会システム論と自己組織性論とを軸にした、社会学の本質に迫る論考の集成である。21世紀の社会理論のありかたを鋭く問い、社会学における理論の復権を告げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会システム論とモダニティ(社会システム論からモダニティを再検討する
  • モダニティと制度論
  • モダニティと社会学-「社会的なるもの」の把握をめざして
  • 自己産出系の公理論-システム論のsyntaxとsemantics
  • モダニティと意味
  • 近代と公共性-ハーバーマス批判の試み
  • 東アジア型ハイブリッド・モダニティ?-在中国日韓台企業の比較が示唆する現実
  • 「評価国家」における統治の構造-政治的合理性・プログラム・テクノロジー)
  • 第2部 再帰的自己組織性論とポストモダン(自己組織性と社会のメタモルフォーゼ
  • 自己組織性と言語ゲーム
  • 自己組織性と合理的選択
  • 自己組織化の普遍性と歴史性-自律・他律・共律
  • 自己組織性と社会システム-主体のありかをめぐる考察
  • 自己組織性とリスク・信頼
  • 日本における社会システム論の意義と未来-日本近代と自己組織性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会理論の再興
著作者等 今田 高俊
佐藤 俊樹
佐藤 嘉倫
友枝 敏雄
園田 茂人
小松 丈晃
徳安 彰
橋本 努
橋爪 大三郎
正村 俊之
町村 敬志
盛山 和夫
遠藤 薫
高橋 徹
書名ヨミ シャカイ リロン ノ サイコウ : シャカイ システムロン ト サイキテキ ジコ ソシキセイ オ コエテ
書名別名 THE REVIVAL OF SOCIAL THEORY

THE REVIVAL OF SOCIAL THEORY : 社会システム論と再帰的自己組織性を超えて

Shakai riron no saiko
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.12
ページ数 355,10p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07768-7
NCID BB22714646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22833355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想