「格差」から考える社会政策

芝田文男 著

少子高齢化、非正規雇用、財政赤字を抱える日本社会を、統計等からの雇用・所得政策の検証を踏まえ、展望。読者自身が考える手がかりとなる情報を丁寧に記述し、課題と論点の理解を促す。現代の雇用政策・社会保障政策を学ぶ最適のテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論:日本の格差の実情をさぐる(格差・貧困の現状-諸指標から
  • 格差に対する様々な考え方
  • 戦後日本の政治経済と現在の制約条件)
  • 第2部 子ども世代の政策:少子化と子どもの貧困(子どもの貧困:総論と少子化政策
  • 子どもの貧困対策とひとり親対策)
  • 第3部 就労年齢層の政策:雇用・所得保障・租税等(「日本型雇用」の変質と労働政策-雇用流動化政策
  • 非正規雇用政策
  • 労働時間規制をめぐる政策
  • 若者・女性の雇用政策
  • 就労年齢層のセーフティネット-最低賃金・雇用保険・生活保護
  • 税制等の見直しによる格差是正策
  • ベーシック・インカムの提案をめぐる議論)
  • 第4部 高齢者層の政策:雇用と年金(高齢者層の格差-年金制度と無年金・低年金
  • 公的年金制度の持続可能性と対策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「格差」から考える社会政策
著作者等 芝田 文男
書名ヨミ カクサ カラ カンガエル シャカイ セイサク : コヨウ ト ショトク オ メグル カダイ ト ロンテン
書名別名 雇用と所得をめぐる課題と論点

Kakusa kara kangaeru shakai seisaku
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.12
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-07826-4
NCID BB22707185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22832677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想