気づいたら先頭に立っていた日本経済

吉崎達彦 著

金融を緩和しても財政を拡大してもデフレは一向に止まらない。それは先進国に共通した悩みである。しかし悲観することはない。経済が「実需」から遊離し、「遊び」でしか伸ばせなくなった時代、もっとも可能性に満ちている国は日本なのだから。ゲーム、観光、ギャンブル、「第二の人生」マーケットと、成長のタネは無限にある。競馬と麻雀を愛するエコノミストが独自の「遊民経済学」で読み解いた日本経済の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いつの間にか先頭を走っていた日本
  • 第2章 ツーリズムを「大産業」に育てよ
  • 第3章 地方には無限の可能性が眠っている
  • 第4章 おもちゃとゲームとお葬式
  • 第5章 ギャンブラーは経済の救世主
  • 第6章 それでも私は「二郎」に通う
  • 第7章 第2の人生こそ本物の人生だ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気づいたら先頭に立っていた日本経済
著作者等 吉崎 達彦
書名ヨミ キズイタラ セントウ ニ タッテ イタ ニホン ケイザイ
シリーズ名 新潮新書 697
出版元 新潮社
刊行年月 2016.12
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610697-2
NCID BB22701859
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22836438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想