シベリア抑留

富田武 著

第2次世界大戦の結果、ドイツや日本など400万人以上の将兵、数十万人の民間人が、ソ連領内や北朝鮮などのソ連管理地域に抑留され、「賠償」を名目に労働を強制された。いわゆるシベリア抑留である。これはスターリン独裁下、主に政治犯を扱った矯正労働収容所がモデルの非人道的システムであり、多くの悲劇を生む。本書はその起源から、ドイツ軍捕虜、そして日本人が被った10年に及ぶ抑留の実態を詳述、その全貌を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 矯正労働収容所という起源(強制労働による社会主義国家建設
  • ポーランド侵攻による捕虜収容所開設)
  • 第1章 二〇〇万余のドイツ軍捕虜-侵略の「人的賠償」(独ソ戦争-ソ連軍捕虜への過酷な仕打ち
  • ドイツ軍捕虜の運命-労働使役と劣悪な収容所
  • 政治教育と送還-反ファシスト要員の養成)
  • 第2章 満洲から移送された日本軍捕虜-ソ連・モンゴル抑留(日ソ戦争-満洲制圧と日本軍捕虜六〇万人
  • 処遇と送還-「三重苦」と日本人同士の争い
  • 抑留の地域差-ハバロフスク地方とモンゴル
  • 独立労働大隊-ドイツ軍捕虜体験者との接触
  • 戦犯・政治犯とされた長期抑留者)
  • 第3章 「現地抑留」された日本人-忘却の南樺太・北朝鮮(ソ連軍による南樺太・北朝鮮占領
  • 南樺太居留民三〇万人-「島ぐるみ」抑留
  • 北朝鮮居留民と満洲避難者の総難民化)
  • 終章 歴史としての「シベリア抑留」の全体像へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シベリア抑留
著作者等 富田 武
書名ヨミ シベリア ヨクリュウ : スターリン ドクサイカ シュウヨウジョ グントウ ノ ジツゾウ
書名別名 スターリン独裁下、「収容所群島」の実像
シリーズ名 中公新書 2411
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.12
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102411-4
NCID BB22686733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22837270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想