ニーチェかく語りき

三島憲一 著

ニーチェは何を語ったのか。ニーチェを後世の芸術家や思想家はどう読んだのか。イサドラ・ダンカン、ハイデガー、フーコー、ジョルジュ・バタイユ、三島由紀夫、リチャード・ローティ、フランクフルト学派の人々がそれぞれの立場で共感を抱いたニーチェの言葉を紹介する。彼らがそこにどのような問題を発見したか、それが今日の思想にどう影響しているかを探究し、ニーチェ読解の多様性に説き及ぶ。ニーチェの面白さが十分に味わえる現代思想入門。岩波現代文庫オリジナル版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イサドラ・ダンカンのニーチェ
  • 第2章 ハイデガーのニーチェ
  • 第3章 フーコーのニーチェ
  • 第4章 ジョルジュ・バタイユのニーチェ
  • 第5章 三島由紀夫のニーチェ
  • 第6章 リチャード・ローティのニーチェ
  • 第7章 フランクフルト学派のニーチェ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニーチェかく語りき
著作者等 三島 憲一
書名ヨミ ニーチェ カク カタリキ
書名別名 Niche kaku katariki
シリーズ名 学術 355
岩波現代文庫 355
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.12
ページ数 242,15p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600355-5
NCID BB22680216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22843013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想