監督小津安二郎

蓮實重彥 著

「残された作品の画面に何が具体的に見えるか、そしてそのイメージが、見るもののフィルム的感性をどのように刺激するかを論じてみたい。つまり、現実のフィルム体験として生きうる限りの小津安二郎の作品について語ってみたいと思う」(本書序章より)。人々がとらわれている小津的なるものの神話から瞳を解き放ち、その映画の魅力の真の動因に迫る画期的著作。本文庫は、小津の生誕百年(2003年)を機に旧版へ三章を増補した決定版である。名キャメラマン厚田雄春と『美人哀愁』の主演女優井上雪子へのインタヴューほかを併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遊戯の規則
  • 否定すること
  • 食べること
  • 着換えること
  • 住むこと
  • 見ること
  • 立ちどまること
  • 晴れること
  • 憤ること
  • 笑うこと
  • 驚くこと
  • 快楽と残酷さ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 監督小津安二郎
著作者等 蓮実 重彦
蓮實 重彦
書名ヨミ カントク オズ ヤスジロウ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ハ1-7
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.12
版表示 増補決定版
ページ数 478p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09766-8
NCID BB22678735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22841856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想