国際保健医療のキャリアナビ

日本国際保健医療学会 編

この本の情報

書名 国際保健医療のキャリアナビ
著作者等 日本国際保健医療学会
書名ヨミ コクサイ ホケン イリョウ ノ キャリア ナビ
書名別名 Kokusai hoken iryo no kyaria nabi
出版元 南山堂
刊行年月 2016.12
ページ数 208p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-525-18301-1
NCID BB22678462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22828755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「健康の公平性」の実現へ : 国際保健NGOへ託す思い 八鳥知子
「最も弱い人たちのために働く」ということ 加藤寛幸
さまざまな出会いでつながった国際保健のキャリアパス 遠藤弘良
すべての人に必要な食べることからアプローチする国際保健医療 水元芳
アフリカからグローバルへ : 命を大切にする社会の創造 杉下智彦
グローバル・ビジネスを通じた社会貢献を追求 小柴厳和
モンゴルの草原で芽吹いたグローバルヘルスへの道 竹内百重
ライフワークとしてCBRの実践と研究に関わって 渡邊雅行
世界の健康格差是正のために : JICAでのキャリアパス 瀧澤郁雄
世界中のすべての人に健康を 李祥任
助産師がミャンマーでライフワークを見いだすプロセス 小黒道子
原点を指針にキャリアを切り開く : 助産師からUNICEF職員へ 吉田友希子
哲学から世界保健医療へ : 海外経験を日本の次世代に 小川寿美子
回り道にもよさはある遠回りの国際保健への道 西原三佳
国際保健の現場経験から公衆衛生教育者へ 高橋謙造
国際保健ふらり旅 吉岡浩太
国際保健を学び外交の世界へ 稲岡恵美
国際保健医療で働く 大西真由美
国際保健医療に関わる各種団体 湯浅資之
国際保健医療のキャリアQ&A 中村安秀
国際保健医療を学ぶ 小川寿美子
大好きな産業保健の仕事を日本と世界で自由に続ける 川上剛
学びと貢献の機会を与えてくれた地域医療と国際保健 高木史江
小児科ナースから国際保健医療の道へ 當山紀子
日本の地域課題は世界の課題 : 日本の経験を世界で生かすために 長嶺由衣子
歯科開業医ができる国際保健医療協力 深井穫博
生化学から寄生虫学・熱帯医学,そしてグローバルヘルス 北潔
研究対象だったNGOが仕事場に 溝上芳恵
自分の知識と経験を海外に生かす : 放射線科学から国際保健へ 大里圭一
自分の関心とできることを考えて国際保健医療の道へ 平岡久和
薬剤師が国際保健を探求し続けたらグローバルヘルス百貨店に 奥村順子
行政官としての国際保健への関わり 田中剛
誰にでも開いている国際保健への扉 竹原健二
高校留学・大学で世界の旅国際協力をNGOで実現 青木美由紀
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想