体の中の異物「毒」の科学

小城勝相 著

ポテトチップに含まれる発がん物質。マーガリンを構成する不飽和脂肪酸。受動喫煙で浴びる活性酸素。野菜や漬け物に含まれる微量ミネラル…。ごくふつうの食生活から無数の毒性物質が取り込まれている!精妙な解毒システムで対抗する人体だが、時には自ら毒物を活性化してしまう。水や塩でさえ健康被害を及ぼしうる一方、ヒ素のような強毒が、少量であれば有用となることも。食の安全や健康の維持に不可欠な「毒」と「解毒」のサイエンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中毒とは何か-生命科学としての中毒学入門
  • 第2章 生命も毒物も有機化合物でできている
  • 第3章 中毒の科学-化学物質の毒性をどう評価するか
  • 第4章 解毒の科学-侵入した異物はどう退治されるか
  • 第5章 無機物の毒性
  • 第6章 "毒"としての放射性物質をどう考えるか
  • 第7章 毒性を発揮するさまざまな物質
  • 第8章 がんを引き起こす毒物
  • 第9章 中毒学から考えるアレルギー
  • 第10章 毒を封じる社会制度-食の安全を確保するために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体の中の異物「毒」の科学
著作者等 小城 勝相
書名ヨミ カラダ ノ ナカ ノ イブツ ドク ノ カガク : フツウ ノ タベモノ ニ フクマレル アブナイ ブッシツ
書名別名 ふつうの食べものに含まれる危ない物質

Karada no naka no ibutsu doku no kagaku
シリーズ名 ブルーバックス B-1996
出版元 講談社
刊行年月 2016.12
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257996-4
NCID BB22672353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22835620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想