美術で綴るギリシアの宗教と思想

門屋秀一 著

永遠を追い求めるギリシアと、変化する自然を受け入れる日本。ギリシア神話、日本神話、ギリシア哲学を、美術で読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ギリシアと日本の神話元型
  • ギリシアと世界の洪水元型
  • ギリシアの犠牲とキリスト教の殉教者
  • 供犠とソクラテスの敬虔
  • ギリシアとエジプトをつなぐ神話
  • ギリシアの人間神像とエジプトの半獣神像
  • ギリシア美術における神と人の距離
  • 神々に謙虚だった七賢人
  • ギリシア神話を言い換えたイオニア自然哲学
  • 数を神としたピュタゴラス学派
  • アルテミス神殿に著書を奉納したヘラクレイトス
  • オリュンポスの十二神を否定したエレア派の一者
  • デモクリトスの原子論と日本の浮世絵
  • エンペドクレスの4元素とヴァチカン署名の間
  • ギリシアと日本の庭園

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美術で綴るギリシアの宗教と思想
著作者等 門屋 秀一
書名ヨミ ビジュツ デ ツズル ギリシア ノ シュウキョウ ト シソウ : ソノ エイエン フメツ シコウ ト ニホン ノ チュウオウ キハク コウゾウ
書名別名 その永遠不滅志向と日本の中央希薄構造
出版元 晃洋書房
刊行年月 2016.11
ページ数 215p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7710-2785-5
NCID BB22670722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22839358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想