俗語発掘記消えたことば辞典

米川明彦 著

日本人の高い創造性・アレンジ能力は、ことばの創造においても、遺憾なく発揮される。流行りことばは、毒を含み、からかい、笑い飛ばす。一世を風靡しながら、スタンダードになりきれず、賞味期限が切れて退場し、忘れられた「死語」たち。インパクト抜群の小ネタでたどる、近現代日本のもう一つの「風俗史」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本編(あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行)
  • 解説(俗語とは
  • 流行語の発生と消滅
  • 俗語が消えていく理由
  • 若者語の変化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 俗語発掘記消えたことば辞典
著作者等 米川 明彦
書名ヨミ ゾクゴ ハックツキ キエタ コトバ ジテン
シリーズ名 講談社選書メチエ 640
出版元 講談社
刊行年月 2016.12
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258643-6
NCID BB22654125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22833017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想