山岳名著読書ノート

布川欣一 著

登山の豊かな世界を知るために、欠かせないのが山岳書である。先蹤者たちの挑戦の歴史と、思索、自然観照の道程を描き出す山の名著60冊を選び、その魅力と時代背景、著者の姿を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 野中至『富士案内』
  • 河口慧海『西藏旅行記』
  • 田部重治『日本アルプスと秩父巡禮』
  • 辻村伊助『スウィス日記』
  • 槇有恒『山行』
  • 冠松次郎『黒部谿谷』
  • 石川欣一『山へ入る日』
  • 武田久吉『尾瀬と鬼怒沼』
  • 大島亮吉『山 研究と隨想』
  • 板倉勝宣『山と雪の日記』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山岳名著読書ノート
著作者等 布川 欣一
書名ヨミ サンガク メイチョ ドクショ ノート : ヤマ ノ セカイ オ ヒロゲル メイチョ ロクジッサツ
書名別名 山の世界を広げる名著60冊
シリーズ名 ヤマケイ新書 YS032
出版元 山と溪谷社
刊行年月 2016.11
ページ数 302p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-635-51039-4
NCID BB22650339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22818070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想