渡辺崋山書簡集

渡辺崋山 [著] ; 別所興一 訳注

開明的な徳川知識人ならではの屈折した心情や矛盾した思考。生活者・画家・政治家・教育者といった多面的な顔を持つ崋山の苦悩、思索の過程を友人・知己宛てに送った書簡で考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 田原藩政復興と画作の抱負
  • 2 西洋事情への開眼と藩政改革の構想
  • 3 蛮社の獄中期の苦悩
  • 4 田原蟄居と新生の決意
  • 5 再起の断念と自死への道
  • 崋山書簡原文

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渡辺崋山書簡集
著作者等 別所 興一
渡辺 崋山
書名ヨミ ワタナベ カザン ショカンシュウ
書名別名 Watanabe kazan shokanshu
シリーズ名 東洋文庫 878
出版元 平凡社
刊行年月 2016.12
ページ数 494p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80878-0
NCID BB22629922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22832464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想