フーコー国家論

山本哲士 [著]

国家に実体はない、国家は本質ではない。国家嫌悪の国家権力論は国家をなにごとも明証にしていない。国家は統治性の一つの形式でしかない、とフーコーは「統治制」の論理を顕在化させた。フーコー講義『安全・領土・人口』『生政治の誕生』を徹底して読むことから、生権力/生政治、パストラール制、国家理性/ポリス、自由主義/新自由主義を考察し、新たな国家論をdispositif(配備)によって問題化し、権力関係論と統治制とを統合した理論書。吉本共同幻想国家論、フーコー国家論、ブルデュー国家論の国家論3部作で、マルクス=レーニン主義的国家論を脱出した画期的な論述。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 権力関係論から統治性論へ(フーコー権力論の地平と言説的プラチック-生権力・統治技術・統治性と国家への問題構成及び基本範疇)
  • 2 『安全・領土・人口』を要約的に読む(安全性のテクノロジーと統治:フーコー国家論の構築へ(1)
  • パストラールの制度化:フーコー国家論の構築へ(2)
  • 国家理性とポリス国家:フーコー国家論の構築へ(3))
  • 3 『生政治の誕生』を要約的に読む(生政治の誕生と国家(上):自由主義の出現
  • 生政治の誕生と国家(中):新自由主義の出現
  • 生政治の誕生と国家(下):ホモ・エコノミクスと市民社会)
  • 4 新たな国家論へ(国家論の新たな構成-「社会」の防衛と共同幻想/場所資本の統治制
  • 政治と倫理:国家・社会に対する自己テクノロジーと場所政治へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フーコー国家論
著作者等 山本 哲士
書名ヨミ フーコー コッカロン : トウチセイ ト ケンリョク シンリ
書名別名 Foucault STATE theory

Foucault STATE theory : 統治性と権力/真理

Fuko kokkaron
出版元 文化科学高等研究院出版局
刊行年月 2016.11
ページ数 596p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-938710-17-0
NCID BB22615382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22821383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想