ゾンビ・パラサイト

小澤祥司 著

ホスト(宿主)の体を棲み処とするパラサイト(寄生生物)は、生存の根幹をホストに依存する弱々しい存在だ。そんな彼らの中に、自分や子孫の生存にとって有利になるように、ホストの行動を操るものが進化してきた。ホストをゾンビ化して操る能力をもったパラサイトたちの精妙な生態を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ゾンビアリは真昼に死ぬ-菌類と動物の攻防(物語の中の寄生キノコ
  • 中世の麦角中毒 ほか)
  • 第2章 カマドウマの入水自殺・カワムツの奇行-パラサイトがつなぐ生態系(ハラビロカマキリの行列
  • ナゾの多いハリガネムシ ほか)
  • 第3章 体の中の"エイリアン"-ホストをゾンビ化する捕食寄生者(ミツバチはなぜ消えるのか
  • セイヨウミツバチのパラサイト ほか)
  • 第4章 人はパラサイトに操られるのか-原生生物トキソプラズマとネコと人類(農耕の始まりとネコの拡散
  • 人類の3割が感染するパラサイト ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゾンビ・パラサイト
著作者等 小澤 祥司
書名ヨミ ゾンビ パラサイト : ホスト オ アヤツル キセイ セイブツタチ
書名別名 ホストを操る寄生生物たち
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 256
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.12
ページ数 91,7p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029656-4
NCID BB22610527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22842370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想