鳥と人間をめぐる思考

野田研一, 奥野克巳 編著

人間にとって未知なる視座を持つ滑空者=鳥との、歴史的・文化的な関係を探る-。文学作品に描かれた自然を対象とする環境文学、民族誌として記録されてきた自然を対象とする人類学。その双方の視点から、人間が鳥をどのように捉え、語り、描いてきたのかを探る。人類が地球環境に甚大なる影響を与える時代=「人新世(アントロポセン)」に、人間中心主義からの脱却と、世界/自然とのコミュニケーションを可能にする思考を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論-環境文学と人類学の対話に向けて
  • 第1部 文学と人類学の対話(犬むさぼる呪術師-内陸アラスカのワタリガラス神話における犬肉食
  • 鳥を"かたる"言葉:梨木香歩の"かたり"の"かたち"
  • リーフモンキー島のシャーマニック・パースペクティヴ的美学-ボルネオ島プナンにおける鳥と人間をめぐる民族誌
  • 剥製の欲望から諸自己の詩学へ-一九世紀アメリカ文学における鳥の表象)
  • 第2部 鳥をめぐる文学(日本近代文学における鳥の表象-夏目漱石「永日小品」と泉鏡花「化鳥」を中心に
  • 人間中心主義の解体へ向けて-近代イギリス文学にみる鳥の表象の変遷
  • 開かれた"想像力"、解放される"時間":"いま・ここ"に遭遇する物語
  • 鳥の名前の倫理学
  • 座談会 鳥の表象を追いかける)
  • 第3部 鳥をめぐる人類学(羽衣伝承にみるミンゾク学と文学の接点
  • アガチャーとキジムナー-ヤンバルクイナの生態学的特徴と沖縄の妖怪伝説
  • フィリピン・パラワン島南部の焼畑漁撈民パラワンの島の狩猟罠
  • カザフ騎馬鷹狩文化の宿す鷹匠用語と語彙表現の民族鳥類学
  • 環境と虚環境のはざまを飛び走る鳥たち-狩猟採集民グイの民族鳥類学を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鳥と人間をめぐる思考
著作者等 中村 邦生
北川 扶生子
唐戸 信嘉
奥野 克巳
山本 洋平
山田 仁史
島田 将喜
河野 哲也
相馬 拓也
菅原 和孝
近藤 祉秋
野田 研一
宮澤 楓
李 恩善
辻 貴志
山田 悠介
書名ヨミ トリ ト ニンゲン オ メグル シコウ : カンキョウ ブンガク ト ジンルイガク ノ タイワ
書名別名 環境文学と人類学の対話

Tori to ningen o meguru shiko
出版元 勉誠
刊行年月 2016.10
ページ数 391p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-23049-6
NCID BB22608853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22834213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想