世界が認めた「普通でない国」日本

マーティン・ファクラー [著]

日本は「普通の国」になるべきだ、という議論がある。普通の国とは、他国のように軍隊を持ち、国際舞台で責任ある行動をする国のことだ。しかし、太平洋戦争終結から71年、「普通でない国」だということが、逆に日本の強みになっている。戦後、平和国家を維持し続けてきたことは世界から評価されているし、あの戦争の教訓から平和を訴え続ける今上天皇は、「日本の良心」とも言える存在だ。経済や文化においても、日本は世界の大国と同じではなく、独自の進化を遂げており、数々のアイデアを持った起業家やすばらしい文化を生み出してきた。前NYタイムズ東京支局長が見抜いた、日本再発見!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 平和国家・日本
  • 第2章 天皇は「日本の良心」
  • 第3章 劣化する日本の政治家
  • 第4章 世界で評価される日本のODA
  • 第5章 日本はアントレプレナーの国
  • 第6章 すばらしき日本の文化
  • 終章 日本は世界に何ができるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界が認めた「普通でない国」日本
著作者等 Fackler, Martin
ファクラー マーティン
書名ヨミ セカイ ガ ミトメタ フツウ デ ナイ クニ ニホン
シリーズ名 祥伝社新書 492
出版元 祥伝社
刊行年月 2016.12
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11492-3
NCID BB22607737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22829278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想