新国富論

馬奈木俊介, 池田真也, 中村寛樹 著

2012年の国連持続可能な開発会議(リオ+20)で提示された「新国富指標」。GDP(フロー)では見えない、我々やその先の世代が受け取る富(ストック)を試算し、真の豊かさを測る。資源が乏しく、人的資本が豊かといわれる日本の目指すべき姿、地域ごとの特徴を活かした発展の道を探る、画期的試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新国富とは何か-持続可能性の経済指標
  • 第2章 日本は豊かなのか-新国富指標で見る日本の持続可能性
  • 第3章 資本の手入れ-社会資本のストック・マネジメント
  • 第4章 地方創生の持続可能性-新国富における健康資本の活性化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新国富論
著作者等 中村 寛樹
池田 真也
馬奈木 俊介
書名ヨミ シンコクフロン : アラタ ナ ケイザイ シヒョウ デ チホウ ソウセイ
書名別名 新たな経済指標で地方創生

Shinkokufuron
シリーズ名 岩波ブックレット No.961
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.12
ページ数 70p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270961-1
NCID BB22603510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22841755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想