日本と中国経済

梶谷懐 著

日中関係に付きまとうもどかしさ。それは、「経済関係が良好でも、どこかで「政治」が邪魔をする」一方、「政治的な関係が悪化しても、「経済」のつながりはなくならない」ところにある。この構図は最近になってはじまったわけではなく、近代以降の両国の交渉において何度となく繰り返されてきたのである。日本(人)は中国(人)をどのように理解し、付き合ってきたのか。経済関係を軸に政治・社会状況の考察を織り交ぜながら、一筋縄ではいかない両国関係の本質を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦前の労使対立とナショナリズム
  • 第2章 統一に向かう中国を日本はどう理解したか
  • 第3章 日中開戦と総力戦の果てに
  • 第4章 毛沢東時代の揺れ動く日中関係
  • 第5章 日中蜜月の時代とその陰り
  • 第6章 中国経済の「不確実性」をめぐって
  • 終章 過去から何を学び、どう未来につなげるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本と中国経済
著作者等 梶谷 懐
書名ヨミ ニホン ト チュウゴク ケイザイ : ソウゴ コウリュウ ト ショウトツ ノ ヒャクネン
書名別名 相互交流と衝突の一〇〇年

Nihon to chugoku keizai
シリーズ名 ちくま新書 1223
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.12
ページ数 301p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06929-0
NCID BB22593891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22842738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想