ヘリコプターマネー

井上智洋 著

マイナス金利時代の究極の経済政策。ヘリコプターマネーは、政府や中央銀行のような公的機関が、空からヘリコプターでお金を降らせるかのように、貨幣を市中に供給することを意味する、究極の景気浮揚策である。本書は、お金を増やすと景気が良くなるのはなぜかを解き明かし、長期的なデフレ不況に対しても有効であることを示す超入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 お金のばらまきで景気は良くなるか?(アベノミクスの基礎にはマクロ経済学がある
  • 成長政策はデフレ不況脱却のための政策ではない ほか)
  • 第2章 政府紙幣と財政ファイナンス(歴史の中の政府紙幣
  • 銀行券と中央銀行の起源 ほか)
  • 第3章 長期デフレ不況にヘリコプターマネーは有効か?(長期的な需要不足の可能性
  • 自然失業率仮説 ほか)
  • 第4章 日本経済が陥った罠とは何か?(流動性の罠なのか?
  • クルーグマンの「流動性の罠」モデル ほか)
  • 第5章 ヘリコプターマネーとベーシックインカム(貨幣発行益とは何か?
  • 貨幣発行益をベーシックインカムとして国民に配当せよ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘリコプターマネー
著作者等 井上 智洋
書名ヨミ ヘリコプター マネー
書名別名 HELICOPTER MONEY
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2016.11
ページ数 194p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-532-35718-4
NCID BB2256973X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22820493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想