民防空政策における国民保護

大井昌靖 著

本土空襲に備え、昭和12(1937)年に成立した防空法を中心とする「民防空政策」。焼夷弾火災に対する「敢闘精神とバケツリレー」に象徴される防空法は、国民に負担を強いるだけの悪法のように論じられてきた。しかし、防空法は、「監視、通信、警報、燈火管制、分散疎開、転換、偽装、消防、防火、防弾、防毒、避難、救護、防疫、非常用物資の配給、応急復旧」という空襲の流れを網羅し、準備から空襲後の処置・復旧にまで対処するように定められている。消防・防火の失敗だけで評価することが本当に妥当なのか?本書では、防空法を中心とした民防空の国民保護政策としての歴史的意義を検証し、今日の防災へと繋がる「教訓」を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 研究の進め方(問題の所在
  • 先行研究
  • 研究の必要性
  • 防空法とはどんな法律だったのか
  • 研究の進め方
  • 用語の整理など)
  • 第2部 空襲への準備(「組織・訓練」
  • 「空襲判断」
  • 事前の防御措置)
  • 第3部 空襲時の対処(「監視」「通信」「警報」
  • 「燈火管制」
  • 「偽装」
  • 「消防・防火」)
  • 第4部 空襲後の処置(「応急復旧」
  • 空襲に際する防衛対策(「防毒」「防疫」「応急復旧」「給水」「清掃」)
  • 防空法の災害対処(「救護」「非常用物資の配給」「応急復旧」))
  • 第5部 民防空政策と国民保護

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民防空政策における国民保護
著作者等 大井 昌靖
書名ヨミ ミンボウクウ セイサク ニ オケル コクミン ホゴ : ボウクウ カラ ボウサイ エ
書名別名 防空から防災へ

Minboku seisaku ni okeru kokumin hogo
シリーズ名 防空法
出版元 錦正社
刊行年月 2016.10
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7646-0345-5
NCID BB22564962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22807506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想