日本語文法ハンドブック

村杉恵子, 斎藤衛, 宮本陽一, 瀧田健介 編

本書は、言語学研究の第一線で活躍する10名が、文構造、項構造と文法格、削除、移動など、日本語の文法及び獲得に関する主要な研究テーマについて書き下ろした13章から成る。言語比較に基づく理論研究のための参考書、授業のテキストとして使いやすいように、それぞれの章が独立しており、いずれの章も、学部3・4年生を対象とした解説を主とする第1部と、仮説検証の方法を含めた発展的な第2部の2部構成になっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文の構造(複文の構造と埋め込み補文の分類
  • 日本語における補文の分布と解釈
  • 文構造の獲得)
  • 第2部 格と構造(文の構造と格関係
  • 名詞修飾節における格の交替現象
  • 動詞と格の獲得)
  • 第3部 省略(項省略
  • 名詞句内の省略
  • 省略の獲得)
  • 第4部 移動(2種類のスクランブリング
  • 移動と語順の制約
  • 否定辞と数量詞の作用域:柴田義行氏の研究
  • スクランブリングの獲得)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語文法ハンドブック
著作者等 宮本 陽一
斎藤 衛
村杉 恵子
瀧田 健介
書名ヨミ ニホンゴ ブンポウ ハンドブック : ゲンゴ リロン ト ゲンゴ カクトク ノ カンテン カラ
書名別名 言語理論と言語獲得の観点から
出版元 開拓社
刊行年月 2016.11
ページ数 474p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7589-2230-2
NCID BB22538157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22819900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想