摂関期の国家と社会

大津透 編

[目次]

  • 1部 摂関期の天皇とその周辺(摂関期の女官と天皇
  • 摂関期の立后儀式-その構造と成立について
  • 摂政・関白と太政官政務-解の決裁について
  • 大索と在京武士召集-王朝国家軍制の一側面
  • 摂関期内裏における玉座とその淵源)
  • 2部 財政と地方支配(摂関期の財政制度と文書-京庫出給と外国出給
  • 摂関期の土地支配-不堪佃田奏を中心に
  • 畿内郡司氏族の行方)
  • 3部 文化と外交(摂関期における貴族の神事観
  • 国際環境のなかの平安日本
  • 日本・呉越国交流史余論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摂関期の国家と社会
著作者等 三谷 芳幸
下向井 龍彦
伴瀬 明美
大津 透
大隅 清陽
小倉 慈司
森 公章
渡邊 誠
西本 昌弘
黒須 友里江
神戸 航介
武内 美佳
書名ヨミ セッカンキ ノ コッカ ト シャカイ
シリーズ名 史学会シンポジウム叢書
出版元 山川出版社
刊行年月 2016.11
ページ数 281p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-634-52365-4
NCID BB22527616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22819109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想