平安京はいらなかった

桃崎有一郎 著

平安京は必要だったのか-。理念優先で造られ住むには不便だった都市が、その「使いにくさ」を克服し、中世京都へと脱皮していく姿を鮮やかに描く。新視点で平安京を捉え直し、"千年の都"の本質に迫る刺激的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中世からは見えない中世京都-プロローグ
  • 平安京の規格と理念(古代のミヤコと中国の都城-律令国家が求めたもの
  • 平安京の規格-座標系に投影された身分秩序の写像
  • 日本の身分制度-ラベルとしての位階官職、原点としての天皇
  • 平安京の構造と身分制度-観念的な秩序の実体化)
  • 実用性なき平安京(平安京を守る朝廷、平安京を破壊する住人
  • 平安京は日本の実情に合わせて造られたか
  • 実用性なき首相街路・朱雀大路
  • 外交の"舞台"としての朱雀大路
  • 祭礼の"舞台"としての朱雀大路)
  • 大きすぎた平安京-"平安京図"という妄想(未完成の平安京
  • 衰退する右京
  • 成長する左京
  • 土地だあり余る平安京
  • 平安京を埋められない人口
  • 縮小する政務、引きこもる天皇)
  • 平安京の解体と"京都"への転生(摂関政治と平安京の再利用-平安京の終わりの始まり
  • 持て余す大内裏、快適な里内裏-仮住まいに永住する天皇
  • 院政が捨てた大内裏-中世京都への脱皮、抜け殻としての平安京
  • 大内裏を諦めなかった男・信西-選択と淘汰の大内裏再建
  • 信西の中世国家設計と正面観主義-"背景セット"としての平安京・大内裏)
  • 内裏の適正サイズと大内裏の中世的"有効活用"-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安京はいらなかった
著作者等 桃崎 有一郎
書名ヨミ ヘイアンキョウ ワ イラナカッタ : コダイ ノ ユメ オ クラウ チュウセイ
書名別名 古代の夢を喰らう中世

Heiankyo wa iranakatta
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 438
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.12
ページ数 276p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05838-4
NCID BB22527412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22820253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想