紀州藩主徳川吉宗

藤本清二郎 著

享保の改革を推進した徳川幕府八代将軍吉宗。紀州藩主時代の農政や人材登用、宝永大地震からの復興などを明らかにし、将軍としての施政に与えた影響を探る。従来の明君伝説から解き放ち、若き日の将軍前史を描く初の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 紀州からの出発、紀州からの発信-プロローグ
  • 吉宗の誕生と成長-幼少時代(誕生伝説の錯誤
  • 成長過程
  • 将軍謁見)
  • 青年大名吉宗(「大名」取り立て
  • 紀州での「大名」生活
  • 主税頭頼方の台頭)
  • 紀伊徳川五代藩主吉宗(紀伊徳川家の吉宗-吉宗の妻子たち
  • 吉宗期の藩政と財政)
  • 災害・復興と吉宗(宝永大地震
  • 復興と災害対策
  • 正徳四年大凶作・飢饉
  • 岡山時鐘堂と在火消)
  • 参勤交代と情報収集・御庭方(参勤交代路の推移
  • 城下の隠密御用-内証御用と御庭番前史
  • 将軍職への準備)
  • 紀州藩財政改革は成功したか-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紀州藩主徳川吉宗
著作者等 藤本 清二郎
書名ヨミ キシュウ ハンシュ トクガワ ヨシムネ : メイクン デンセツ ホウエイ ジシン オンミツ ゴヨウ
書名別名 明君伝説・宝永地震・隠密御用
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 439
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.12
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05839-1
NCID BB22526103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22820273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想