稲と米の民族誌

佐藤洋一郎 著

日本人は、稲作・米食を自国文化の基層をなすものとして誇りにしている。だが、イネの品種から栽培方法、米の調理法、食べ方、信仰まで、アジアの稲作文化には、私たちの想像を超えた多様性が存在する。約四〇〇〇年前より、アジア全域に広がった稲作と米食は、その後、各地域においてどのように展開し、現在どうなっているのか。本書は、稲の起源を追い求め、30年にわたって海外調査を続ける著者が、その成果を紀行文としてとりまとめた一冊。インド・ヒマラヤから、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、中国まで-アジアの稲作文化の全容を臨場感豊かに描いていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 インド・ヒマラヤ圏の稲作景観
  • 第2章 タイの稲作景観
  • 第3章 ラオスの稲作景観
  • 第4章 ベトナムの稲作景観
  • 第5章 カンボジアの稲作景観
  • 第6章 中国の稲作景観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 稲と米の民族誌
著作者等 佐藤 洋一郎
書名ヨミ イネ ト コメ ノ ミンゾクシ : アジア ノ イナサク ケイカン オ アルク
書名別名 アジアの稲作景観を歩く

Ine to kome no minzokushi
シリーズ名 NHKブックス 1242
出版元 NHK
刊行年月 2016.11
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091242-3
NCID BB22521085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22823321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想