縮充する日本

山崎亮 著

人口増加と経済成長を前提とした国家モデルが機能しなくなった日本。さまざまな対策が議論されているが、「縮小」を「縮充」へと導く唯一の解が「参加」である、と山崎氏は言う。すでに周りを見渡せば、まちづくり、政治・行政、マーケティングから芸術、福祉、教育まで、あらゆる分野で胎動する「参加」の潮流を目撃できるだろう。本書では、そうした各分野を牽引するリーダーと山崎氏の対話から、「なぜいま参加なのか」「これから日本はどう変わっていくのか」がみごとに体系立てられ、解き明かされていく。コミュニティデザインの第一人者が、人口減少社会・日本に灯した新しい希望の光。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜいま「参加の時代」なのか
  • コミュニティデザインと「参加」は表裏一体だ-僕が「参加」に強く惹かれる理由
  • 国に頼り切るという時代の終わり-まちづくりにおける「参加」の潮流
  • 「苦情」や「抵抗」から「自主運営」へ-政治・行政における「参加」の潮流
  • 「楽しい消費者運動」が環境を改善する-環境分野における「参加」の潮流
  • オープンソースと「共有型経済」の胎動-情報分野における「参加」の潮流
  • 「共創」が社会に新しい価値をもたらす-商業分野における「参加」の潮流
  • 「参加型アート」の勢いはとまらない-芸術分野における「参加」の潮流
  • 真の「福祉社会」の実現をめざして-医療・福祉分野における「参加」の潮流
  • 主体性を育む「アクティブラーニング」-教育分野における「参加」の潮流
  • 「縮充する日本」の未来図を描こう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縮充する日本
著作者等 山崎 亮
書名ヨミ シュクジュウ スル ニホン : サンカ ガ ツクリダス ジンコウ ゲンショウ シャカイ ノ キボウ
書名別名 「参加」が創り出す人口減少社会の希望
シリーズ名 PHP新書 1072
出版元 PHP研究所
刊行年月 2016.11
ページ数 445p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-82737-7
NCID BB22516256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22818062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想