機会不平等

斎藤貴男 著

強者の信奉する「市場原理」が、教育、育児、介護など、効率性・生産性とは異なる価値観をもつ領域にまで侵食するとき、社会はどうなってしまうのか。格差拡大をむしろ積極的に進めるような流れが、「構造改革」の名の下に強まるばかりでよいのか。真に自由な人間とは何かを問いつづけた著者が、粘り強い現場取材をもとにいち早く警鐘を強く鳴らしたルポ。最新事情を踏まえた新稿を序章としたほか、森永卓郎氏と行った対談を巻末に掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ゆとり教育」と「階層化社会」
  • 第2章 派遣OLはなぜセクハラを我慢するか
  • 第3章 労組はあなたを守ってくれない
  • 第4章 市場化される老人と子供
  • 第5章 優生学の復権と機会不平等

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 機会不平等
著作者等 斎藤 貴男
書名ヨミ キカイ フビョウドウ
書名別名 Kikai fubyodo
シリーズ名 社会 302
岩波現代文庫 302
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.11
ページ数 342p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603302-6
NCID BB22491574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22828463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想