中島敦と〈南洋〉

杉岡歩美 著

戦時下、"日本"の委任統治領であった"南洋"に訪れた作家、中島敦。ゴーギャンに倣い"未開"への憧憬を持った彼が"南洋"で得たのは何か。中島敦の軌跡を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 "南洋行"と作家たち("南洋行"と中島敦
  • 中島敦"南洋行"と大久保康雄「妙齢」
  • 大久保康雄"南洋行"-中島敦との接点を中心に)
  • 第2部 中島敦の"南洋もの"(中島敦「真昼」論1-"南洋"表象と作家イメージ
  • 中島敦「真昼」論2-視座としての「真昼」
  • 中島敦「夾竹桃の家の女」論-ピエル・ロティとの交錯
  • 中島敦"南島譚"論-"病"と"南洋")

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中島敦と〈南洋〉
著作者等 杉岡 歩美
書名ヨミ ナカジマ アツシ ト ナンヨウ : ドウジダイ ナンヨウ ヒョウショウ ト テクスト セイセイ カテイ カラ
書名別名 同時代〈南洋〉表象とテクスト生成過程から
出版元 翰林書房
刊行年月 2016.11
ページ数 210p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87737-406-8
NCID BB22489517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22906860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想