日本書道文化の伝統と継承

帝京大学書道研究所, 帝京大学総合博物館 企画・編集

極上の日本のかな美を、伝え残す一冊。日本の先人達が築き守ってきた「かな文字文化」を後世に継承すべく、平安の名筆から昭和の日比野五鳳まで、各時代の魅力溢れるかな書作品を15名の研究者がその歴史を丁寧に紐解く。創設40周年を記念し帝京大学書道研究所が発信する、日本書道文化の決定版。古代から現代までの珠玉の名作105点を掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古筆の美(「古筆切の価値」
  • 「国風文化と書の和様化」
  • 古写経の美 「古筆切にみられる古写経断簡の資料性」
  • 多彩な古筆切の世界 「古筆切の装訂」
  • 「中世天皇家・公家文化と書道」
  • 「古筆手鑑の意義」
  • 「古筆切の書写年代について」)
  • 第2章 近世の書(「近世の書道文化における光悦と素白」
  • 「日本の書論」)
  • 第3章 近代の書-明治から戦前(「古筆を学ぶということ」
  • 「明治期の文豪と王羲之」)
  • 第4章 戦後のかな書道(「鈴木翠軒のかな」
  • 「幻の内田鶴雲筆「月雪花集」」)
  • インタビュー企画(「大字かな表現の現代化とその展開-思索と挑戦-」(榎倉香邨)
  • 「一楽書芸院の思い出-近現代かな書道史点描-」(村上翠亭))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本書道文化の伝統と継承
著作者等 帝京大学書道研究所
帝京大学総合博物館
帝京大学書道研究所帝京大学総合博物館
書名ヨミ ニホン ショドウ ブンカ ノ デントウ ト ケイショウ : カナビ エノ チョウセン
書名別名 かな美への挑戦

Nihon shodo bunka no dento to keisho
出版元 求龍堂
刊行年月 2016.10
ページ数 207p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7630-1635-5
NCID BB22488853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22808651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想