上手な脳の使いかた

岩田誠 著

勉強ができても、仕事もできるとは限らない。自分で考える力が身につく、本当の「学び」とは何か?脳の基本的な構造や記憶のしくみ、経験を積むことや体で覚えることの重要性、上手な休み方などを通して、脳の研究の歴史をひもときながら、記憶障害や失語症の治療に長年携わってきた著者が、わかりやすく解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学びにかかわる脳(大脳皮質は分業体制
  • 記憶にかかわる領域)
  • 第2章 脳は育つ(記憶をつくっていく
  • 思考とワーキングメモリー
  • 言語を獲得する)
  • 第3章 脳は可塑的である(失語症から回復する
  • 神経回路と可塑性
  • 可塑性と学習との関係)
  • 第4章 脳を育てる学び方(現場で学ぶ
  • 表現活動をして、記憶を整理する
  • グループを学ぶ
  • 脳を休める)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 上手な脳の使いかた
著作者等 岩田 誠
書名ヨミ ジョウズ ナ ノウ ノ ツカイカタ
シリーズ名 岩波ジュニア新書 844
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.11
ページ数 186p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500844-5
NCID BB22485742
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22825715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想