パブリック・スクール

新井潤美 著

歴代首相をはじめ著名人を輩出した、イートン、ハロウなどの寄宿制私立名門校パブリック・スクール。階級が根強く残るイギリス社会において、上流階級の子弟の教育機関でありながら、文化の一部として広く国民に共有されてきた。独自の慣習からスポーツ、同性愛まで、小説や映画などからそのイメージの成立と変遷をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パブリック・スクールの成り立ち
  • 第2章 「学校物語」とイメージの確立
  • 第3章 理想の裏側
  • 第4章 女子のパブリック・スクール
  • 第5章 グラマー・スクール
  • 第6章 現代のパブリック・スクール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パブリック・スクール
著作者等 新井 潤美
書名ヨミ パブリック スクール : イギリステキ シンシ シュクジョ ノ ツクラレカタ
書名別名 イギリス的紳士・淑女のつくられかた
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1630
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.11
ページ数 215,5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431630-5
NCID BB22476264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22831719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想