醬油・味噌・酢はすごい

小泉武夫 著

料理の素材を引き立て、味付けの決め手となる調味料。古くから用いられてきた発酵調味料の醤油・味噌・酢は、日本の食卓に欠かせないばかりか、海外での需要も年々高まっている。本書は、発酵学の第一人者がこれら三大調味料の製造過程や成分をわかりやすく解説。我が国の食文化に根ざした歴史や魅力を述べる。さらには、近年の科学的知見をふまえ、血圧上昇や肥満の抑制、発ガン予防などの驚くべき効能も紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 醤油の話(塩のこと
  • 醤油の歴史
  • 醤油ができるまで ほか)
  • 第2章 味噌の話(味噌の歴史
  • 味噌の造り方と種類
  • 味噌の成分 ほか)
  • 第3章 酢の話(「酢」とは
  • 日本の酢の歴史
  • 酢の造り方と種類 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 醬油・味噌・酢はすごい
著作者等 小泉 武夫
書名ヨミ ショウユ ミソ ス ワ スゴイ : サンダイ ハッコウ チョウミリョウ ト ニホンジン
書名別名 三大発酵調味料と日本人

Shoyu miso su wa sugoi
シリーズ名 中公新書 2408
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.11
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102408-4
NCID BB22471555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22819824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想