贖罪のヨーロッパ

佐藤彰一 著

中世初期、アイルランドの聖コルンバヌスによって、自らの心の内に罪を自覚し、意識的にえぐり出す思想が誕生する。この「贖罪」思想は社会に大きな影響を与え、修道院の生活を厳しく規定していく。その絶え間ない祈りと労働からは、華麗な写本も生み出された。本書は、ベネディクト戒律からカロリング・ルネサンスを経てシトー派の誕生に至るまで、修道制、修道院と王侯貴族との関係、経済、芸術等から読み解く通史である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパにおける修道制の崩芽
  • 第2章 ベネディクト戒律の普及
  • 第3章 フランク国家におけるアイルランド修道制の展開
  • 第4章 欲望の克服から魂の贖罪へ
  • 第5章 修道院の経済活動
  • 第6章 筆写による古典作品の保存と写本制作
  • 第7章 学知の研鑽と陶冶
  • 第8章 カロリング朝修道院改革の限界とディアスポラ
  • 第9章 新たな霊性の探究と修道院の革新

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 贖罪のヨーロッパ
著作者等 佐藤 彰一
書名ヨミ ショクザイ ノ ヨーロッパ : チュウセイ シュウドウイン ノ イノリ ト ショモツ
書名別名 中世修道院の祈りと書物
シリーズ名 中公新書 2409
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.11
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102409-1
NCID BB22471169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22819820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想