学びのデザイン:学習科学

大島純, 益川弘如 編著

学びをデザインする、という挑戦。最新の学習科学研究の紹介を学習理論と実践の融合という軸で構成、教育工学がどのように貢献できうるか考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 教育工学から学習科学へ(教育工学について
  • 教育工学と学習科学の接点
  • 学習科学-新しい学びの探究)
  • 第2部 学習科学の理論的進展と海外の動向(あるべき学びの再考とその基盤となる学習理論の枠組み
  • 獲得メタファに基づく学習理論
  • 参加メタファの学習理論
  • 知識創造メタファの学習理論
  • 海外における取り組み-実践的な開発研究の理論構築への挑戦)
  • 第3部 国内における学習科学実践(教職大学院を中心としたスケールアップの拠点形成
  • 協調学習理論に基づく授業設計の理解
  • 科学技術の社会問題に関するアーギュメント・スキルの育成
  • 理科授業観の変化を促す理科教育法の授業設計
  • 大学と教育実習校を接続する学習環境設計
  • 実践と省察のサイクルを支える教員研修体系とネットワークの構築)
  • 第4部 学習科学とこれからの教育(学習科学を「学びの科学」にするために
  • 実践学としての教育工学へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学びのデザイン:学習科学
著作者等 大島 純
日本教育工学会
益川 弘如
書名ヨミ マナビ ノ デザイン ガクシュウ カガク
書名別名 Manabi no dezain gakushu kagaku
シリーズ名 教育工学選書 / 日本教育工学会 監修 2-5
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.11
ページ数 225p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07695-6
NCID BB22469462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22817422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想