日本近代の歴史  3

[大日方純夫], [源川真希] [企画編集委員]

日清戦争を経て植民地支配がはじまった一九世紀末。軍拡優先の財政運営のもと、帝国化はどのように進められたのか。藩閥と政党の対立と協調、地方が牽引した企業勃興、日清戦争から日露戦争へ。帝国化の起点に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 帝国化の起点-プロローグ
  • 1 帝国の成立-一八九五〜九八年
  • 2 政党内閣誕生の衝撃-一八九八〜一九〇一年
  • 3 日露戦争の実像-一九〇一〜〇五年
  • 4 桂園時代-一九〇五〜〇九年
  • 5 帝国の膨張-一九〇九〜一二年
  • 時代転換の予感-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代の歴史
著作者等 大日方 純夫
源川 真希
飯塚 一幸
書名ヨミ ニホン キンダイ ノ レキシ
書名別名 日清・日露戦争と帝国日本
巻冊次 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.12
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06814-7
NCID BB22459039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22817042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
日清・日露戦争と帝国日本 飯塚一幸
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想