日本「一発屋」論

原真人 著

日銀の異次元緩和は完全に失敗した。バラマキ復活で成長教から覚めない日本。「一発屋」の発想ではもう国が持たない!この国には技術も知恵も、大きな底力もある。高度成長という巨大な成功体験を引きずり、アベノミクスのバブル「一発」に賭けるほどおろかなことはない。綱渡りの財政を続ける「いやな予感」の先にあるものは?そして日本人はなぜいつもこうなのか?渾身の論考!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「一発屋」になった日本(ちゃぶ台返し、首相の「新しい判断」
  • 「アベノミクスのエンジンをふかす」ために28兆円 ほか)
  • 第1章 高度成長「巨大な一発」の幻影(消費増税先送りという無責任
  • 前借り経済の危うい未来 ほか)
  • 第2章 黒田日銀、失敗の本質(非論理的な「異次元緩和」
  • マイナス金利導入と「インパール作戦」 ほか)
  • 第3章 バブル経済の正体(バブルという「一発屋の時代」
  • 江戸時代にもあった?アベノミクス ほか)
  • 第4章 一発屋からの脱出(「四半期決算化」するニッポン
  • 東日本大震災の復興が、なぜバブル化したのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本「一発屋」論
著作者等 原 真人
書名ヨミ ニホン イッパツヤロン : バブル セイチョウ シンコウ アベノミクス
書名別名 バブル・成長信仰・アベノミクス
シリーズ名 朝日新書 591
出版元 朝日新聞
刊行年月 2016.11
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273691-8
NCID BB22458182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22817125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想