食と農の環境経済学

宇山満 著

[目次]

  • 第1部 環境問題を経済学の目からみるとは?(経済学の考え方とは?-市場メカニズムと経済学の立ち位置
  • 市場の価格シグナルが壊れていたら-市場の失敗としての外部性
  • 価格シグナルを補うものとは?-外部性の内部化と制度・政策
  • ゴミ(廃棄物)処理問題とは?-循環型社会と静脈流通)
  • 第2部 食と農の環境とのかかわりとは?(農業と環境とのかかわりを考える
  • 食と農の廃棄物と環境とのかかわりを考える
  • 農業に関わる環境政策を考える
  • 食料消費のあり方と認証・ラベリングを考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食と農の環境経済学
著作者等 宇山 満
書名ヨミ ショク ト ノウ ノ カンキョウ ケイザイガク : ジゾク カノウ シャカイ ニ ムケテ
書名別名 持続可能社会に向けて
シリーズ名 食と農の教室 3
出版元 昭和堂
刊行年月 2016.11
ページ数 201p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8122-1604-0
NCID BB22441907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22816239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想