則天武后

氣賀澤保規 [著]

秦の始皇帝に始まる二千年余にわたる中華帝国の歴史にその名を刻む唯一の女帝・則天武后(武則天)。男性中心秩序の古代社会に己の才覚と知力で挑み、至尊の座にまで登りつめた女性は何を目指し、また何が彼女を生み出したのか。大唐帝国繁栄の礎を築いた冷徹にして情熱的な生涯とその時代を、学術的知見に基づいて鮮やかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 則天武后の生卒年
  • 隋末の動乱と唐の決起
  • 玄武門の変
  • 唐太宗と貞観の治
  • 太宗の後継問題
  • 武照の出生と武士〓(かく)
  • 武照、太宗の後宮へ
  • 高宗朝の女の争い
  • 武昭儀、皇后の座に
  • 二聖と垂簾の政〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 則天武后
著作者等 気賀沢 保規
氣賀澤 保規
書名ヨミ ソクテンブコウ
シリーズ名 講談社学術文庫 2395
出版元 講談社
刊行年月 2016.11
ページ数 349p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292395-8
NCID BB22440110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22815982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想