ガバナンスを問い直す  1

東京大学社会科学研究所, 大沢真理, 佐藤岩夫 編

[目次]

  • 序論 ガバナンスを問い直す-なにが問題か
  • 1 ガバナンスとはなにか(政治思想史におけるガバナンス
  • 経済ガバナンスの目的と手段
  • ガバナンス・アプローチとEU研究)
  • 2 なぜガバナンスか(企業統治と法制度の役割-会社法制を中心に
  • 歴史の中のガバナンス
  • 参加と協働に潜む葛藤-地域における福祉ガバナンス)
  • 3 ガバナンスで捉える(「再生産」とガバナンス-政治社会学から
  • 世代間問題とガバナンス
  • ガバナンス(論)における正統性問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガバナンスを問い直す
著作者等 五百旗頭 薫
佐々木 彈
佐藤 岩夫
加藤 晋
大沢 真理
宇野 重規
平島 健司
東京大学社会科学研究所
武田 宏子
田中 亘
藤谷 武史
朴 姫淑
東大社会科学研究所
書名ヨミ ガバナンス オ トイナオス
書名別名 越境する理論のゆくえ

Gabanansu o toinaosu
巻冊次 1
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2016.11
ページ数 254p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-030207-4
NCID BB2243197X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22821685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想