ユリアヌスの信仰世界

中西恭子 著

ユリアヌスはなぜキリスト教に背いたのか?やんごとなき生まれの文人が政治に出遭う時、本人さえも予想しなかったディストピアが開かれてゆく-。「背教者」として知られる古代ローマの哲人皇帝ユリアヌスの信仰世界を、精緻な史料分析によって明らかにする意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 万華鏡のなかの哲人皇帝
  • 第2章 幻影の文人共同体を求めて-単独統治期以前のユリアヌスの精神的形成
  • 第3章 理想の潰走-ユリアヌスの宗教政策とその具現化の過程
  • 第4章 ユリアヌスの信仰世界1-現状の認識 悪しきミュートスを語る者たち
  • 第5章 ユリアヌスの信仰世界2-理想国家の宗教
  • 第6章 理想化されたギリシアへの当惑-ナジアンゾスのグレゴリオスのユリアヌス批判
  • おわりに-万華鏡のなかの哲人皇帝、ふたたび

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユリアヌスの信仰世界
著作者等 中西 恭子
書名ヨミ ユリアヌス ノ シンコウ セカイ : マンゲキョウ ノ ナカ ノ テツジン コウテイ
書名別名 万華鏡のなかの哲人皇帝
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2016.10
ページ数 277,88p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2382-2
NCID BB22424624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22811264
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想