皮下鋼線吊り上げ法による婦人科腹腔鏡手術

井坂惠一, 伊東宏絵 編集

[目次]

  • 総論:基本知識と基本手技(吊り上げ法による腹腔鏡(歴史、種類)
  • 産婦人科における皮下鋼線吊り上げ法の導入
  • 皮下鋼線吊り上げ法の利点・欠点
  • 皮下鋼線吊り上げ法に必要な器具と周辺機器
  • 適応疾患
  • 麻酔
  • 基本手技
  • その他の皮下鋼線吊り上げ法を用いた腹腔鏡手術
  • 皮下鋼線吊り上げ法特有の合併症
  • 教室における成績
  • 新しい手術器具の考案・開発)
  • 各論:実際の手術方法(卵巣腫瘍
  • 子宮内膜症:チョコレート嚢胞
  • 異所性妊娠(頚管妊娠を除く)
  • 子宮筋腫
  • 子宮腺筋症
  • 骨盤臓器脱
  • 子宮体癌)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皮下鋼線吊り上げ法による婦人科腹腔鏡手術
著作者等 井坂 恵一
伊東 宏絵
井坂 惠一
書名ヨミ ヒカ コウセン ツリアゲホウ ニ ヨル フジンカ フククウキョウ シュジュツ : トウキョウ イカ ダイガク ホウシキ
書名別名 Subcutaneous Abdominal Wall Lifting Method in Gynecological Laparoscopic Operation

Subcutaneous Abdominal Wall Lifting Method in Gynecological Laparoscopic Operation : 東京医科大学方式
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 2016.5
ページ数 141p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7583-1735-1
NCID BB22413005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22761327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想