日本文法体系

藤井貞和 著

日本語文法を理解するには、日本語の起源から問いなおさねばならない。日本語の発展史に即した文法理論が必要であり、西洋語の文法を日本語に当てはめた現在の学校文法に代えて、新たな文法体系を打ち立てねばならないのだ。現在を示す「あり」(r)、過去の「き」(k)、推量の「む」(m)、形容の「あし」(s)の組み合わせで成り立つ時の助動辞をはじめ、日本語の隠れた構造を明らかにし、豊富な古文の実例をもとに、日本語文法の本質に迫る。古文の読みが愉しくなる、全く新しい理論体系。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 krsm‐四辺形とkrsm‐立体
  • 第1章 アリの助動辞‐圏
  • 第2章 過去、伝来、完了、存続、継続
  • 第3章 伝聞、形容、様態、願望、否定
  • 第4章 推量、意志、仮定
  • 第5章 自然勢、可能態、受身、敬意、使役
  • 第6章 助辞の機能の広がり
  • 第7章 品詞と構文
  • 第8章 敬語、人称体系、自然称
  • 終章 論理上の文法と深層の文法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文法体系
著作者等 藤井 貞和
書名ヨミ ニホン ブンポウ タイケイ
書名別名 Nihon bunpo taikei
シリーズ名 ちくま新書 1221
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.11
ページ数 324,10p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06926-9
NCID BB22410211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22834173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想