図説科学史入門

橋本毅彦 著

図には言葉では説明しきれない、決定的な情報が盛り込まれている。本書は一見に値するような図像を一〇〇点あまり揃え、科学史発展のストーリーの中でそれらを位置づけ、図の背景にある科学の内容や人間模様を解き明していく。天文・気象・地質・動物と植物・人体・生命科学・分子、原子、素粒子の七つの自然科学の分野で、それぞれの転機をなした図像とはどのようなものか。科学史の重要な局面を生んだ図像から、歴史のダイナミズムをつかむ科学史入門の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 科学史を俯瞰する-古代から現代へ至る科学の発展
  • 第1章 天文-星の振舞と宇宙の構造
  • 第2章 気象-大気の状態と予測
  • 第3章 地質-地層の重なりと地球の歴史
  • 第4章 動物と植物-動植物の姿、形、模様
  • 第5章 人体-各器官の構造と機能
  • 第6章 生命科学-顕微鏡下の世界
  • 第7章 分子、原子、素粒子-心の眼で見た究極の粒子

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説科学史入門
著作者等 橋本 毅彦
書名ヨミ ズセツ カガクシ ニュウモン
書名別名 Zusetsu kagakushi nyumon
シリーズ名 ちくま新書 1217
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.11
ページ数 364p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06920-7
NCID BB22409868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22834194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想