身体諸部分の用途について  1

ガレノス [著] ; 坂井建雄, 池田黎太郎, 澤井直 訳

全身の解剖所見に基づき、あらゆる器官に無駄なものは何もないことを論じた医学書。本分冊では理性的動物に特徴的な器官(上肢)と、直立二足歩行に適した器官(下肢)が取り扱われる。本邦初訳。(全4冊)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1巻
  • 第2巻
  • 第3巻

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体諸部分の用途について
著作者等 Galen
Galenos
坂井 建雄
池田 黎太郎
澤井 直
ガレノス
書名ヨミ シンタイ ショブブン ノ ヨウト ニ ツイテ
書名別名 De usu partium
シリーズ名 西洋古典叢書 / 内山勝利, 大戸千之, 中務哲郎, 南川高志, 中畑正志, 高橋宏幸, マルティン・チエシュコ 編集委員 G097
巻冊次 1
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2016.11
ページ数 206,4p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-8140-0033-3
NCID BB22390318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22815411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想