相模原事件とヘイトクライム

保坂展人 著

2016年7月26日に起こった相模原事件は、重度の知的障害者19人が亡くなり、27人が負傷するという戦後最悪の被害を出した。怒りと悲しみが渦巻くなかで、加害者の障害者抹殺論に共感する声も聞かれている。ナチス・ドイツによる障害者「安楽死」計画の歴史を振り返るとともに、未来に向かって、障害者に対するヘイトクライムの根を断つ方途を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 相模原事件の波紋
  • 第2章 障害当事者は事件をどう受けとめたのか
  • 第3章 ナチス・ドイツの「T4作戦」
  • 第4章 ヘイトクライムの「拡大・連鎖」の根を絶つために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相模原事件とヘイトクライム
著作者等 保坂 展人
書名ヨミ サガミハラ ジケン ト ヘイト クライム
書名別名 Sagamihara jiken to heito kuraimu
シリーズ名 岩波ブックレット No.959
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.11
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270959-8
NCID BB22387812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22830348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想