わかる!できる!「各教科等を合わせた指導」

名古屋恒彦 著

知的障害教育における「各教科等を合わせた指導」(「領域・教科を合わせた指導」)の授業づくりについて、「本物の生活づくり」「現実度の高い生活」「できる状況づくり」などの視点から、分かりやすく解説!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 本物の生活を主体的に(知的障害教育が大切にする「本物の生活づくり」
  • 知的障害教育の歴史から学ぶ学校生活づくり
  • 「現実度」とは
  • 「現実度」の高い生活をつくる
  • テーマのある生活
  • 「できる状況づくり」
  • 思いに寄り添う支援)
  • 2 子どもが本気で取り組む授業づくり(「各教科等を合わせた指導」とは
  • 「各教科等を合わせた指導」の授業づくり
  • 「生活単元学習」展開のポイント
  • 「作業学習」展開のポイント
  • 「遊びの指導」展開のポイント
  • 「日常生活の指導」展開のポイント)
  • 3 教育目標「自立」を考える(教育目標「自立」と「主体性」「支援」
  • 自立の実現をはかる学校生活)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わかる!できる!「各教科等を合わせた指導」
著作者等 名古屋 恒彦
書名ヨミ ワカル デキル カクキョウカ トウ オ アワセタ シドウ : ドノコ モ ホンキ ニ ナレル トクベツ シエン キョウイク ノ ジュギョウズクリ
書名別名 どの子も本気になれる特別支援教育の授業づくり
出版元 教育
刊行年月 2016.9
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-316-80438-5
NCID BB22364238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22798166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想