医療における公共的決定

飯島祥彦 著

医療現場の職業倫理と医師の法的責任を分析・考究。萎縮しない医療と法的リスク、職業倫理とのせめぎ合いからの解決を求めて-法的リスクの対処を可能にするガイドライン構想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 職業倫理問題への制度的対応(制度的対応の種類
  • 制度的対応としてのガイドライン ほか)
  • 第2章 医師の法的責任に関する分析(ケース・スタディ)(検討の視座
  • 宗教的信条からの輸血拒否 ほか)
  • 第3章 ガイドラインに要求される適合性条件(ガイドラインの概観
  • 適合性条件の基本的考察 ほか)
  • 第4章 医療現場の職業倫理問題に関するガイドライン試論(宗教的信条からの輸血拒否に関するガイドラインの検討
  • 終末期の延命治療の中止・差控えに関するガイドラインの検討 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療における公共的決定
著作者等 飯島 祥彦
書名ヨミ イリョウ ニ オケル コウキョウテキ ケッテイ : ガイドライン ト イウ セイド ノ ジョウケン ト カノウセイ
書名別名 ガイドラインという制度の条件と可能性

Iryo ni okeru kokyoteki kettei
シリーズ名 医療法 151
学術選書 151
出版元 信山社
刊行年月 2016.10
ページ数 294p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-6751-8
NCID BB22358530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22810034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想