図説ウィーンの歴史

増谷英樹 著

ハプスブルクの帝都、音楽の都だけではない、ウィーン史を知るための決定版。ローマ帝国の軍事拠点、バーベンベルク家とハプスブルク家、ペスト、オスマン帝国との戦い、反ユダヤ、2つの革命、ナチの支配、「赤いウィーン」-そして、この町に生きた名も無き人々の声までもが聞こえてくる画期的な都市史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ローマ帝国の城塞からハプスブルク帝国の首都へ(ローマ帝国の城塞、民族大移動、バーベンベルクのウィーン
  • バーベンベルク家の支配
  • ハプスブルクの時代の幕開け
  • 中世ウィーンの都市と市民生活)
  • 第2部 混乱するウィーン(世界帝国の首都へ
  • 宗教紛争とオスマン帝国の脅威)
  • 第3部 近代への序曲(ユダヤの追放とペストの流行
  • 対オスマン戦争と「宮廷ユダヤ」)
  • 第4部 近代のウィーン(バロックと啓蒙の都市
  • 二つの革命の間
  • 大都市ウィーンの成立
  • 第一次世界大戦と激動の戦後
  • ナチ支配のもとで
  • 戦後、そして現代へ)
  • おわりに-都市ウィーンの歴史を歩く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説ウィーンの歴史
著作者等 増谷 英樹
書名ヨミ ズセツ ウィーン ノ レキシ
書名別名 Zusetsu uin no rekishi
シリーズ名 ふくろうの本
出版元 河出書房新社
刊行年月 2016.10
ページ数 183p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-309-76245-6
NCID BB22357979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22808579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想